HOME / インフォメーション / 総合 / 第33回日本受精着床学会にて根津院長が学会発表をおこないました
   d  d  d

General Information

various

第33回日本受精着床学会にて根津院長が学会発表をおこないました

2015.11.26

2015年11月26日 第33回日本受精着床学会(東京都江東区有明TFTホール13:30~13:50の枠内にて)
根津八紘院長が「胎児診断による減胎手術--総減胎手術1,130例中の最近例において--」のタイトルにて発表をおこないました。
第33回日本受精着床学会のホームページはこちらから

また、手術手技などや考慮すべき点をまとめた医療者向け書籍
『多胎一部救胎手術(減数・減胎手術)』を、学会先行発売致しました。
一般発売日は12月5日です。

多胎妊娠に直面し、悩み苦しみ、全胎の妊娠継続は不可能とする患者さんを前に、一人でも多くの子をこの世に誕生させたいという思いでおこなってきた減胎手術。より安全な施術をと努めてきたことの約30年間の集大成です。また、患者さんが、自分たちと同じ立場になった人たちのために少しでもお役に立てればと施術後(出産後)にアンケートに答えてくださった予後のデータも含まれています。

現状は、各地でおこなわれているにもかかわらず公式のガイドラインもなく、施術のトレーニング体制もありません。稚拙な施術による被害も出ています。安全性が担保された手術をおこなうことはもちろん、これからの若手医師たちも安心して取り組めるために、法改正やガイドラインの整備に向けて国や学会に動いていただきたい、その一助となりましたら幸いです。